適切なボール位置にセットする|劇的にスコアアップ

ボールの位置は、ある程度、基本ポジションというものはありますが、人によっては全番手とも同じボール位置で打つ人もいるので、自分の打ちやすいボール位置を探すのもひとつです。

基本的には、7番アイアンでスタンスを取った際に中央よりボール1つ分くらい左足よりにセットされるのが基本のボール位置となります。

あとは、この基本の位置から番手が上がるごとにボール半個分くらいずつ左右にずらしていきます。

例えば、7番アイアン⇒6番アイアンの場合、ボールを半個分左足よりにする。

逆に7番アイアン⇒8番アイアンの場合、ボールを半個分右足よりにする。

 

また、身体の中心に対しての左右方向のボール位置以外に、縦の距離も調整が必要です。

縦の距離があっていないと横の距離があっていてもうまく打つことができませんので縦の距離もあわせていきましょう。

縦の距離の合わせ方はまず、背筋を伸ばし、膝を適度に曲げて、姿勢良く正しいアドレスの形をとってください。その状態で両手をリラックスさせ下におろした位置でグリップするようにします。

そして、この時、グリップと身体の間にこぶし1つ程度の空間があるかを確認してください。また、力を入れないでスムースにクラブを振れる事を確認します。

 

この位置が正しい縦の距離になります。

ここの空間は非常に重要で、ここが広すぎたり、狭すぎるとミスショットの原因になりますので。

それからこれらのボールポジションは、あくまでも平地でのボール位置になるので、斜面では色々なシュチエーションによって、ここから少しボール位置をアジャストする必要があります。

そのあたりは別コラムで確認をお願いします。

簡単に各番手とボール位置の関係を示した図を紹介しますので、参考にしてみてください

黒丸のボールの位置が7番アイアンでのボールポジションで、縦長の黒色が7番アイアンでの足の位置です。

両足を開いた時、身体の中心より少し左側にボールがあるのが7番アイアンでの正しい

ボールポジションとなります。

緑は、サンドウエッジなどのウエッジでのボールと両足の位置関係

青は、スプーンでのボールポジションと両足の関係

赤が、ドライバーとなります。参考にしてみてください。

 

2017年12月23日