前半と後半でスコアが大きく違う人

スコアが大きく崩れる原因ですが、まず、前半が良かった場合に後半スコアを崩す人は、ほぼ間違いなくメンタルが原因と思っていいと思います。

前半のスコアがいいと、後半も期待してベストスコア更新だ!なんて思ってる日ほど、

後半、失敗して大叩きするものです。

 

これは、前半でいいスコアが出せる実力があるのですから、あまりスコアのことなんて気にしないでリラックスしてプレーすればいいのです。

 

スコアを気にして後半や上がり3ホールが良ければ、ベスト更新なんて思うと、知らず知らずのうちに力んでしまい、アプローチでザックリミスしたりする経験が誰でも1度や2度はあると思います。

これは、メンタル面の問題である可能性が非常に高いです。

調子が良くてベスト更新する時っていうのは、いつもと違った領域に行くわけなので、いつもと違った気持ちで挑まないと、そのスコアが出せません。

 

どうせ後半、どっかで叩いちゃうんだよね、とか、今日はまだOBないけどそろそろOB出そうとか、前半の貯金を少し使ってもいいやなんて少しでもマイナスのイメージを持った瞬間にダメになります。

こんな時こそ、後半は、前半以上に良いスコアで回るぞ!っていう気持ちくらいがちょうどいいんです。

この辺りは、メンタル面の意識改革が必要ですね。

 

あとは、後半になると自分の中で、自覚がないかもしれませんが、疲れが出ていて、特に下半身の踏ん張りがきかないということもあります。

 

これは、なかなか気が付けない点で、普段から、歩く癖をつけたり、階段を積極的に使うなどの意識をして、下半身強化をしたほうがいいですね。

下半身の疲れは感じにくいのですが、確実に前半9ホールをプレイすることで疲労が蓄積されます。

カートに乗って、楽しているつもりでも疲れは出ますので注意が必要です。

ですので、対策としては、お昼後は疲れているものと思い、前半以上に下半身の安定を意識してプレイするといいと思います。

私もそういえば、昔、後半はスイングの軸がブレることが多かった気がします。

冷静に考えると前半だけでも、短くても大体約3000ヤードくらいはあるでしょうから、

カートに乗ったとしても約1/3歩くとすると約1km程度は歩いていることになります。

しかも、コースは平坦ではなく、アップダウンもありますから、疲れていないようでも疲れているんですね。

足腰は、普段の生活習慣から見直して、できるだけ階段を使うとかしながら、無理なく鍛えたいですね。

2017年12月26日