コラム

ゴルフ上達のためのざまざまなコラムを紹介していきます。

気になるページがあれば ご覧ください。

ミスの原因というのは人それぞれなので、ここに書いてあることでピッタリハマる方もいれば、全く効果がないという方もいると思います。

それは偶然かもしれませんし、自分のミスの原因がよくわかっている人かもしれません。

特にゴルフは、1つのミスという結果に対して色々な原因があり、それぞれが複合してこともあるので、原因をしっかりつかめるようにしましょうね。

また、コラムでは、私の今までの経験から特に効果が高いと思われるものをピックアップして紹介している”劇的にスコアアップ”シリーズのコラムは、オススメです

コラム一覧

ロングホールに苦手意識がある人へ

特に距離の出ない初心者の人に多いと思いますが、ロングホールは何度もナイスショット

をして距離を稼がないとスコアが良くならないと思っている人はいませんか?

 

ティショットのドライバーでナイスショットして、セカンドもスプーンでナイスショットしないと距離が稼げず、スコアが良くならないと思っている人がいれば、それは大きな間違いです。

 

また、長いクラブほど、飛距離は出ますが、左右への曲がりも大きくなるので、OBなどを打つことが多くなって苦手意識を持つ人が多い。というのもあると思います。

 

私も初心者の頃は、ロングホールは嫌だなぁと思っていました。上手じゃない人にとってみればロングホールというのは、何度も打たないとグリーンまで行きませんからね。

 

どうやっても打数が多くなりがちなんですね。

 

で、こんなことを毎回やっていると苦手意識が就いてきてしまうんですね。

ただし、この苦手意識は、ほんの少しだけ考え方を変えるだけで克服できるんです。

 

それも、スプーンの打ち方を練習するとかスイングを磨くということではなく、考え方を変えるだけなので、今すぐに実行できる方法です。

 

その方法はというと・・・・

 

ロングホールの攻め方・戦略について考え直します。

 

まず、例えば520ヤードのロングホールがあったとしましょう。

今までのセオリー通りの攻め方ですと、下記のようになると思います。

1.ティショットをドライバーで打って、230~250ヤード

 (残り290~270ヤード)

2.セカンドショットもスプーンで200ヤード前後 (残り90~70ヤード)

3.3打目をAWなどで打って、パーオン。

という感じの戦略で打っていく人がほとんどだと思います。

 

残りの距離を打つ中で、その距離を越えない最大飛距離を打てるクラブを選択するイメージですよね。

もちろん、この戦略を否定はしません。問題ありません。上手く打てればね。

 

でも、ミスするのがゴルフです。

 

しかも、ティショットもセカンドも3打目も全てがナイスショットでないと上記の戦略ではパーオンしないですよね。

そのため、ミスできないという大きなプレッシャーがありますね。

 

ま、上手くいけば、パーオンして2パットでパーだったり、上手くいけばバーディーも拾えるかもしれませんが、大体、どこかでミスをして結局ボギーオンだったり、ボギーオンすらしなかったりしてスコアを崩してしまったりします。

 

では、下記のように考え、実行してみるとどうでしょう。

1.ティショットをドライバーで打って、180~200ヤード

 (残り340~320ヤード) フルスイングしないで方向性重視で。

2.セカンドショットは得意な7番アイアンで150ヤード前後 

 (残り190~170ヤード)

3.3打目も、また得意な7番アイアンで150ヤード前後

 (残り30ヤード前後)

4.4打目をグリーン周りから寄せてボギーオン。

 

こうすると、まずティショットが気楽に打てると思います。

距離はある程度飛べばOKなので、飛ばそうと力まずに、方向性重視で打っていきましょう。そのほうが結果的にスコアが良くなると思います。

次にセカンドショット以降は、得意クラブで打っていきましょう。

ロングホールでは、2打目、3打目でもスプーンなどで打つと、力みなどからOBの可能性も十分ありますから、安全にマネジメントするほうが、いいと思います。

この戦略では、バーディーは難しいですが、4打目の寄せが上手くいけば1パットのパーもあります。

可能性の話をすれば4打目の寄せでチップインすればバーディーですけどね。

 

要は、いかに1打1打のプレッシャーを少なくして、ミスショットする確率を減らしていくかという事です。

ゴルフはミスをするスポーツです。

このミスの影響を出来る限り少なくするコースマネジメントを考えるだけで、スイングの技術が今のままでもスコアアップは十分可能だと思います。

是非、一度無理しないロングホールの攻め方、やってみてくださいね。

2018年03月27日

ゆったりスイングで調子を取り戻そう

ラウンドしたり、練習したりしている中で調子を落とすことは誰にでもあると思います。

少し前までは、上手く打てていたのに、急にミスが増えたりして原因が良くわからずということが良くあると思いますが、こんな時は、ゆっくり、ゆったりスイングしてボールを打つように心がけてみましょう。

調子が落ちている時というのは、ほんの少しいつもよりもスイングスピードが速くなっていたり、スイングテンポがはやくなっているということが結構あります。

 

特に、ミスしたりすると、無意識のうちにテンポがはやくなってしまうものです。

また、調子が良くてもテンポがはやくなることがありますので、色々なケースでテンポがはやくなって調子を崩すことがあります。

 

こんな時こそ、ゆったりとしたリズムでスイングすることを心がけましょう。

この時の注意点としては、ゆっくりスイングするけどグリップを必要以上に緩めたり、逆に強めたりしないことです。

 

いつも通りのグリッププレッシャーでスイングスピードだけを意識的にゆっくりにしてみましょう。

飛距離が落ちると心配の方もいると思いますが、スイートスポットで打てれば、そんなに落ちることはありませんよ。

また、飛距離が落ちたとしても、ゆったり振ると方向性が良くなりますので、方向性が安定することのほうがメリットがあると考えます。

 

また、ダウンスイングからインパクトにかけてクラブヘッドがどの向きから入ってきてどの向きに抜けたかもヘッドの残像が残ることで軌道がわかると思いますので、軌道を安定させるためにもゆっくり・ゆったりスイングして軌道がおかしくなっていないかセルフチェックしてみましょう。

腰がまわるのがはやい場合もあるでしょうし、上体が突っ込んでしまう、右肩が前に出ているなど色々と問題はあると思いますよ。

このような問題をゆったりとしたリズムでスイングすることで発見して改善しましょう。

 

ゆったりしたリズムでスイングすることで問題点を解決しやすくなり、はやく振らなくてもフェースの芯でボールを打つことで、飛距離・方向性共に良くなることが実感できると思います。

また、コックをはじめるのも、ゆっくりにするとスイング全体のリズムが良くなります。

大体の目安ですが、手元が右足を超えるくらいまではコックをいれずにノーコックでテイクバックしていきます。

その後で、コックをゆっくり入れていき、トップの位置にくるまでの間にコックを終わりにしますが、コックもオーバーコックにならないように注意します。

左手首が90度以上は折れ曲がらないように、違う表現をすると、腕とゴルフクラブのシャフトの関係が90度以上にならないようにしましょう。

この2点を守ってゆったりスイングすることで、安定したスイングとなり、調子が上がってくると思います。

また、普段からできるだけゆっくり振るように癖をつけたほうがいいです。

そのほうが、スイング軌道が安定し、ナイスショットの確率があがりますので。

是非、ゆっくりスイング実践してみてください

2018年03月18日

バンカーショットの基本

バンカーでは、まずサンドウェッジを使用します。

フェースをオープンに開きます。

開き具合は、バンカーからグリーンまでの距離やどの程度高さを出したショットをするかにより調整します。

アドレスも、通常のアドレスよりもオープンに構えます。

そうすると、アドレスとフェースを両方オープンにすることでウェッジのエッジはボールに対して、垂直かややオープンしている程度になると思います。

 

足の開き具合は、通常のウェッジでのショットよりも少しひろめに開いてどっしり構えます。この時、シューズを砂の中に少しだけ埋めます。

ここまでセットアップできたら、ボールの手前からウェッジのリーディングエッジでボールの下に滑り込ませるようにスイングしましょう。

 

スイング中は、腰から下はあまり動かさないイメージでスイングします。

また、スイング軌道のイメージとしては、フェース面のヒール側からトゥ側の斜めにボールを切るようなイメージでスイングして下さい。

また、この時にヒール側を少し浮かせて、ゴルフクラブのトゥ側からバンカーに入るようにスイングすると、上手くいく確率が高くなります。

 

このようにセットアップしてスイングすることで、ボールは高く上がり、そんなに飛距離は出ませんので、力加減を調整したりせずに途中で緩めたりしないでスイングするようにしましょう。

スイングの振り幅は、最低でも3時-9時程度は振っていいでしょう。

良く言われるのは、普段のスイングの3倍とかって言われますが、これは人それぞれですので、自分の中で基準がつくれるようにしましょう。

 

途中で力加減を調整するような打ち方では、失敗する可能性が高くなってしまいますので、スイングはスムーズに振るようにしましょう。

 

また、もし近所にバンカーがある練習場があれば、そこで是非、練習してみてください。

バンカーは、ある程度、経験や慣れが必要な部分があるので。

 

それから、ラウンド中に、バンカーに入れたら、ラッキーと思うようにしてみましょう。

練習できると思うようにすれば、バンカーから打つのだって嫌にならず、上手く打てなくても練習なんだからいいやって思うようにしましょう。

バンカーは、ゴルフ場によっては、砂がたくさん入っていたり、少なかったり、晴れの日のサラサラした砂と、雨上がりの後の湿った重い砂では全く違いますので。

こればかりは経験していくしかありませんので、ラウンド中にバンカーに入っても前向きに思うようにしましょうね。

苦手意識を持たなくすることもメンタル面で重要な要素のひとつですよ。

また、実際のバンカーから打つ練習ができない場合でも、練習場でロブショットを打つ練習をすることで、バンカーからボールを打つ練習の代わりになります。

高く上にボールを上げて距離を出さないで打てるように練習してみて下さい。

2018年02月24日

パターのシャフト長さについて

私は、身長があまり高いほうではありませんので、パターは短めのほうが振りやすいです

しかしながら、不思議なのが、一般のゴルフショップなどで売られているパターの長さで多いのは34インチと33インチです。

 

私の場合、33インチでも長いのです。

はじめは、短く持ってパットしていましたが、どうも余った部分が洋服に当たるような気がしてパットにいまいち集中できないんですよね。

 

特に冬場はたくさん重ね着するので、余計にこれを感じます。

まぁ、最終的にはカットして短くして使っているので、問題ありませんが・・・。

皆さんは、どうでしょうか?

人それぞれ、身長も違うし、背が高くてもパターの時に、思いっきり前にかがんでパットする人もいますので、自分の打ちやすいパターの長さというのは、人それぞれだと思います。

 

パターについては、特に飛距離が必要なクラブではないですし、スライスやフックをさせることはありません。(ラインでフック、スライスはしますけど。笑)

そのため、パターは、自分で打ちやすい長さが最適なんです。私のように男性用でも長いようであれば男性でも女性用のパターを使っても問題ありません。

実際に、私の友人は、長さとデザインが気に入っているという理由から女性用のパターを使っていますが、ものすごくパッティングが上手です。

やはり自分にあったものというのがいいんでしょうね。

 

デザイン面では、女性用のパターは色目がピンクだったりすることが多くて、敬遠する人もいるかも知れませんので、そういう場合は、男性用のパターを自分の使いやすい長さにカットしましょう。

私は、このカットする方法でアジャストしてます。

 

ここで私は、細かい長さにこだわる必要はないと思います。

33インチだとか32インチだとか・・・。

先ほども書きましたが、パターは距離を出すクラブではありません。

真っ直ぐ、狙ったラインに打てることができればいいのです。というか、それができないとダメなんです。

よくメーカーが出したクラブを改造するとバランスが崩れるという人がいますが、私は、パターに限っては、多少のシャフトカットなどをしてもその影響は微々たるものだと思います。

 

それよりも使いにくいパターを無理やり使っていて、パターが上達しないほうがよっぽどもったいないと思うんです。

日本人は外国人のように背の高い人が少ない傾向があるので、もっと短いパターをラインナップして欲しいと思っていますが、なかなか思うようにはいかないので、私は気に入ったパターがあったら、自分で打ちやすい長さにカットして使っています。

 

この間、ふとしたことから使っているパターの長さを測ったら、32インチ弱でした。

31.5インチと32インチの間くらい?

かなりアバウトですね。

 

でもね、こんなに適当なパターでも、私の平均パット数は32前後で、ベストは24です

皆さんも、パターが長いと思ったら、思い切って切っちゃいましょう。

きっとパッティングが、やりやすくなってパット数が減ると思いますよ。

 

但し、今までよりも極端に短くした場合は、ショートパットの精度はぐんと上がると思いますが、ロングパットの距離感は、長い時と比べると、ショートしやすくなる傾向にあるので、ロングパットの距離感には注意しましょう。

これは、ある程度の長さのパターを使っている時は、意識してか、無意識かは別にして、ショートパットでは、短く持ってパットして、ロングパットでは、長めに持ってパットしているからではないかと思います。

 

皆さん、知っての通り、クラブは長いほうが飛びますよね。

パターも長いほうが少ない労力で距離が出るんです。

ただ、慣れれば、気にならないレベルの話ですので、ロングパットが苦手になるということはないと思います。距離感はさいどあわせる必要がありますけど。

 

ということで、パターが長いと思っている人は、思い切って短くしちゃいましょうね。

もし、手持ちが1本しかなくて、カットして、ボロボロになるのが怖い、カットするのに迷うなら、中古で安いパターを購入して短くしてみるのも手ですよ。

パッティングする時の姿勢にもよりますが、私は、165cm程度の方でしたら、32インチとかがいいと思います。33インチでは長いと思います。

2018年02月17日

アイアンショットの安定感アップ

皆さんは、得意なクラブは何ですか?と聞かれたら、すぐに答えられますか?

ドライーバーという人もいれば、パターという人もいるでしょう。

それは、それでいいです。全く問題ありません。

ただし、どんな人でも、一番使っているのは、おそらくパターだと思います。

で、その次に使用頻度の高いクラブと言えばアイアンですよね。

 

それとスコアアップに欠かせないのもアイアンショットの精度アップです。

いくらドライバーで飛ばしても、2打目でパーオンしなければスコアは良くなりませんからね。

で、アイアンの練習方法ですが、よく全番手まんべんなく、練習する人がいますが、私のおすすめは、1つの番手を集中的に練習することです。

 

選択する番手は、7番か8番アイアンがいいかと思います。

この番手は、アイアンの中でも中間の番手であり、一番ラウンド中も使用頻度の高い番手だと思いますので。

これらの番手のショットが安定してくると、ほかの番手のショットも自然と良くなりますのでまんべんなく練習するよりは、1つの番手を集中して練習するといいかと思います。

 

ある程度、1つの番手で上手く打てるようになってきたら、その番手で、スイング幅を変えて距離を打ち分ける練習をして下さい。

例として7番アイアンで通常のフルスイングで150ヤード飛ぶとすれば、7番で100ヤードを打つ時の振り幅と120ヤード打つ時の振り幅の合計3種類を持つといいです。

 

上記3種類が打てるようになってきたら、さらに10ヤード刻みでの打ち分けに挑戦してもいいですね。

 

普通なら、100ヤードは別なアイアンに持ち替えて打つところですが、同じ番手で打てるようにしておくことで、ラウンド中に練習を多くしている得意クラブで打てるという安心感からナイスショットが打てる確率が高くなります。

 

また、セルフプレーでプレーしている時にカートから離れて手持ちに7番しかなくて、カートまでアイアンを取りに行くのが面倒という時も、7番で自信を持って、安心して打つことができます。

 

この1本で距離を打ち分けるという練習をすると、毎回、同じスイングの振り幅・リズム、スピードでないと飛距離が安定しませんし、アイアンのヒッティングエリアも同じようなところで打てないと飛距離が安定しません。

なので、この練習をすることで、何も意識しなくても、アイアンショットそのものの精度を自然と上げることができます。

これが特定のアイアンで出来るようになれば、後は、他の番手では、スタンス、ボールポジションなどが変わるだけなので、安定したアイアンショットが手に入ると言うわけです。

アイアンのスイートスポットで毎回打てるようになれば、フェース面の汚れも同じようなところに集まってきますし、フェース面を見ただけでも、どれだけ打ち込んでいるか、どれだけ同じ箇所で打てているかが、わかりますよ。

 

今度、ためしに上手い人のピッチングウエッジ辺りを見てみてください。

スイートスポット付近が集中して汚れていると思いますよ。

 

想像してみて下さい。

100ヤードから150ヤードを得意クラブ1本で打てるなんて、すごく楽だと思いませんか?

アイアンショットの安定はスコアアップには欠かせない大事な要素なので、是非がんばって練習しましょう。

 

この練習である程度の距離の打ち分けを自信をもってできるようになる頃には、あなたのアイアンショットはレベルアップしているはずです。

ラウンドに出たら、是非、100ヤード以内は得意クラブ1本で対応してみて下さい。

ナイスショットの確率が上がりますので、スコアも良くなると思います。

2018年01月27日
» 続きを読む