劇的にスコアアップ

色々あるコラムの中でも、私の今までの経験や友人、知人に試してもらった内容などから、特にこれは効果が高い!と思われるものをピックアップして紹介している”劇的にスコアアップ”シリーズです。

ゴルフ専門誌などの理論等とは違った目線でコラムを書いていますので、は?と思うようなこともあるかもしれませんが、実際のアマチュアゴルファーの実体験を元にした内容なので、参考になることもあると思います。

人それぞれゴルフの悩みは違いますから、なかなか上手くいかない部分もありますが、ピッタリ、コラムの内容がハマれば、一気に上達すること間違いなし!と思いますので、参考にしてみてくださいね。

コラム一覧

ナイスショットするための練習|劇的にスコアアップ

あなたは、練習場シングルという言葉を聞いたことがありますか?

これは、読んで字の如くですが、練習場では、シングルのような腕前の球が打てるのにコースに出て、ラウンドすると全然ダメということです。

これには、大きくメンタル面でのプレッシャーが影響しています。

 

皆さんは、練習場と同じようにコースでも打てていますか?

練習場は何十球か連続で打っているうちに調子が出てくるし、ライも平坦だし、ハザードもないし、プレッシャーがないですよね。

それに対して、ラウンド中は1球、1球が本番でハザードが無くてもプレッシャーが練習場とは別次元ですね。

それから、コースでは、どうしてもボールの行方を追ってしまいます。

同伴者と一緒にラウンドしていて、見てくれていたとしてもやはり自分のボールは自分である程度行方を確認する必要がありますからね。

こうなると練習場では出ないヘッドアップなんかも出てくるようになります。

また、コースに出ると気持ちが高ぶり、興奮してしまうので、どうしてもスイングが大振りになったり、力んだりしてしまいがちです。

改めて文字にしてみると、コースと練習場では全く違う状況でボールを打っていると言ってもいいでしょうね。

では、どうやってこの状況をリラックスして打てるようにするかというと・・・。

 

練習場での1球の質を変えていくようにしましょう。

 

簡単に言うと練習場の1球もコースで打つつもりで打つという事です。

これは、イメージが強ければ強いほどいいです。

例えば、久しぶりのラウンドの朝一のドライバーでのティショットは緊張しますよね。

この緊張感を練習場でも再現してドライバーを練習することです。

 

ま、これは訓練のようなもので、すぐにはできないかも知れませんが、少しずつ練習場での1球の質を変えていきましょう。

 

いつもの練習場のいつもの打席に入り、一番苦手なコースのティショットを思い浮かべます。

右側に大きく崖があり、少しでもスライスするとOBという状況を頭に思い浮かべ、OBを絶対に打たないように練習場で練習するんです。

これを繰り返していると、コースに出ても、緊張する度合いが違ってきて、リラックスできるようになってくると思いますので。

最初のうちは、イメージすることを訓練してください。

このイメージが強ければ強いほど効果があります。

 

なので、例えば、本番のつもりで最初の1球目からドライバーでティショットのつもりで打つのもいいと思いますよ。そのあとは、セカンドを想定して8番アイアン。

グリーンを外して寄せのアプローチでアプローチウエッジ。

など、コースに出ているつもりで1球1球コースで使う番手のように打つのも効果的な練習です。

 

練習場での1球をいかにコースでの1球と同じレベルにできるかで、同じ時間練習してもその差が大きく出ますので、是非、次回の練習から取り入れてみてくださいね。

 

2018年01月23日

アプローチでのダフリ防止|劇的にスコアアップ

グリーン周りのアプローチでのダフリのミスは非常にもったいないし、スコアに直結するイタいミスですよね。

このミスを少しでも減らしてスコアアップにつなげたいものです。

今回は、特にグリーンエッジ付近からのアプローチ、そうですね大体30ヤード前後のアプローチでのダフリ防止について紹介したいと思います。

まず、ミスの原因のタイプとして大きく2つに分けられます。

 

1つ目は、打ち込みによるダフリ。

 

これは、ボールの手前をざくっと打ってしまう現象ですね。

このようなミスが出る人の多くは、ボール位置が右足より過ぎている可能性があります。

または、ハンドファースト過ぎる構えになっている人も同じですね。

これらに該当する場合は、クラブが鋭角に入り過ぎてざっくりミスになっていると思います。この場合は、ボール位置を中央よりにして下さい。

そして、今までよりもスタンス幅を狭くして下さい。

ボールを中央寄りにすることで、クラブが鋭角に入るのを緩和して緩やかにできます。

そして、スタンス幅を狭くしたことで、左右へのスエーを防止し、大振りも防止します。また、体重配分は左右均等でいいでしょう。

ダフる原因として、左右へのスエーや大振りも原因のひとつですので。

これらのダフる原因に対して、ミスが出にくくなるセットアップをして打つようにしましょう。

セットアップしたら、合わせに行って打ったりしないで、スムーズに振るようにしましょうね。この場合は、パターのような打ち方でいいと思います。

力んだり、緩めたりするとそれはそれでミスの原因になりますので。

 

次に、すくい打ちタイプの人

まず、すくい打ちタイプの人の場合は、ダフリと共にトップのミスも出やすいですので、打ち込みタイプかすくい打ちタイプかの判別としてトップするミスも出る人は、すくい打ちタイプと考えていいでしょう。

トップのミスが出る、出ないで打ち込みタイプかすくい打ちタイプかを判断して下さい。

すくい打ちタイプのダフリの防止方法ですが、ダフる原因としては、右足に体重配分が多くなっているためと思います。イメージとしては、左足に3,4割で右足に6,7割というくらいのレベルではないかと思います。

これをまず、左足よりにしてください。左右均等でもいいでしょう。

左右均等にしたら、その配分を変えないようにスイングして今まで通り打てばいいです。

これでもすくい打ちのミスが出る場合は、左足よりに体重配分を変えてみてもいいかと思います。

そうすることで、下から入ってすくい打ちになるのを防止できるようになりますので。

ボールを打つ時に、右足に体重が残り過ぎないように意識するのが大切です。

 

また、ダブりの防止対策として、有効な方法がクラブのヒールを少し浮かせる方法があります。

ウェッジでダフる時は、ヒールから突っかかることが多いので。

このヒールを浮かせる方法を取ると、ロフト角も少しオープン気味になりますのでロブショットのような球筋になります。

また、ヒールを浮かしているので、ボールを打つ時は、クラブのセンターからトゥ側で打つようにしましょう。この場合もパターを振るような感覚でいいでしょう。

もし、ロブショットのような球筋が必要な場面があればやってみてください。

 

また、これと同じような効果が期待できるのが、アプローチの時は、フェースを開いて構えると思いますが、その状態からスイングしてインパクトをむかえる際に、早めにフェースを閉じるように打つことも有効です。

フェースを閉じる動作をすることで、ヒールを鋭角に入れないようになり、バンスを滑らせて打つようなイメージで打つと上手くいくと思います。

これで、ダフリがなくなると思いますので、練習してみて下さい。

 

2018年01月23日

プレショットルーティーンを取り入る|劇的にスコアアップ

ゴルフにおいて、スコアを崩す原因のひとつにリズムが悪い。流れが悪い。ということがあると思います。

このリズムや流れといったものは、技術面というよりはメンタル面の影響が大きいのではないかと思います。

 

これが悪くなる原因とは何でしょうか?

代表的なもので考えてみるとOBを打ってしまった後などですね。

OBを打つと、そのショックでリズムが狂うものです。

打ち直しの3打目も失敗したりすると流れが掴めず、悪い流れになり、そのホールは、大叩きしてしまったりします。

これは、私自身の実体験からなのですが、OB打ったあとの打ち直しで失敗し、そのホールは9打とか10打とか打って、大叩きしてしまうことがありました。

他のホールはパーとかボギーとかで上がってきていて、その日の調子も、悪くはないはずなのに、急にリズムというか流れみたいなものが悪くなって大崩れすることが、たまにあったんですね。

 

この当時の私は、プレショットルーティーンというものは、知ってはいましたが、取り入れて実践はしていませんでした。

ですので、毎回のショットは、なんとなくアドレスして、なんとなく素振りして、なんとなく打つという感じのリズムでした。

ただ、この状態だと、OBなんかを打って動揺してしまうと、普段なら素振りをするところを焦って省いたり、なんとなく、いつもと違う感じがしながらもプレーを続行し、なんとなく違和感を持ちながらプレーしていたような気がします。

不思議なもので、OBやミスした後というのは動揺していないつもりでも、動揺しているんですよね。ゴルフは、メンタル面が他のスポーツよりもより影響が大きいと感じますね。

この何となくプレーしていた結果、最悪な時は、上記のようなひどい大叩きになります。

 

 

これが、プレショットルーティーンを取り入れてからは、まず、いつでも決めたルーティーンをすることで、気持ちに焦りが少なくなりました。

OB打った後は、焦りが無くなることはありませんが、ルーティーンを取り入れる前と後では気持ちの持ち方が違いますね。

OBを出した後でも、プレショットルーティーンをすることで、次のショットの時には、

いつも通りのショットをすればいいんだと集中できるようになります。

プレショットルーティーンを取り入れる前までは、あれこれ色々考えながら、迷いながら打っていたような気がします。

いつものルーティーンをすることで、気持ちが落ち着き、色々考えなくて済むようになり、平常心を保ちやすくなりました。この効果は大きいと思いますね。

もし、たまに大叩きしてしまうような人でプレショットルーティーンを取り入れていない人は、是非、取り入れてみてください。

きっと効果があると思います。

 

ちなみにプレショットルーティーンとは下記のようなものです。

①ボールとターゲットをボールの後ろに立ち確認する

②ボールの前30センチくらいのところに目印をみつける。

 ※ボールとターゲットを結んだ飛球線上になるように

③素振りを2回する

 ※2回じゃなくてもいいですが、あまり多いのはスロープレーの原因になります。

④飛球線をイメージしながら横からアドレスに入る

⑤ボールに対してイメージしている飛球線とクラブフェースが垂直になるようにセットする

⑥クラブフェースの向きがセットできたら、グリップのポジションを決める

⑦その場で軽くワッグルを2~3回する

⑧余計なことを考えずに、軽くスイングする

 

これらの手順①~⑧全てをやる必要はありませんが、自分の中で決めてやる、決め事なので、人それぞれに決めれば、それが、その人のプレショットルーティーンとなります。

自分で決めたルーティーンであれば、上記の通りではなくても問題ありません。

 

2018年01月08日

適切なボール位置にセットする|劇的にスコアアップ

ボールの位置は、ある程度、基本ポジションというものはありますが、人によっては全番手とも同じボール位置で打つ人もいるので、自分の打ちやすいボール位置を探すのもひとつです。

基本的には、7番アイアンでスタンスを取った際に中央よりボール1つ分くらい左足よりにセットされるのが基本のボール位置となります。

あとは、この基本の位置から番手が上がるごとにボール半個分くらいずつ左右にずらしていきます。

例えば、7番アイアン⇒6番アイアンの場合、ボールを半個分左足よりにする。

逆に7番アイアン⇒8番アイアンの場合、ボールを半個分右足よりにする。

 

また、身体の中心に対しての左右方向のボール位置以外に、縦の距離も調整が必要です。

縦の距離があっていないと横の距離があっていてもうまく打つことができませんので縦の距離もあわせていきましょう。

縦の距離の合わせ方はまず、背筋を伸ばし、膝を適度に曲げて、姿勢良く正しいアドレスの形をとってください。その状態で両手をリラックスさせ下におろした位置でグリップするようにします。

そして、この時、グリップと身体の間にこぶし1つ程度の空間があるかを確認してください。また、力を入れないでスムースにクラブを振れる事を確認します。

 

 

この位置が正しい縦の距離になります。

ここの空間は非常に重要で、ここが広すぎたり、狭すぎるとミスショットの原因になりますので。

それからこれらのボールポジションは、あくまでも平地でのボール位置になるので、斜面では色々なシュチエーションによって、ここから少しボール位置をアジャストする必要があります。

そのあたりは別コラムで確認をお願いします。

簡単に各番手とボール位置の関係を示した図を紹介しますので、参考にしてみてください

黒丸のボールの位置が7番アイアンでのボールポジションで、縦長の黒色が7番アイアンでの足の位置です。

両足を開いた時、身体の中心より少し左側にボールがあるのが7番アイアンでの正しい

ボールポジションとなります。

緑は、サンドウエッジなどのウエッジでのボールと両足の位置関係

青は、スプーンでのボールポジションと両足の関係

赤が、ドライバーとなります。参考にしてみてください。

 

2017年12月23日

正確なアドレスの取り方をマスター|劇的にスコアアップ

アドレスの取り方ですが、練習場では練習マットなどがあるので目印となるものがあるので、目標に向かって真っ直ぐに構えやすいですが実際にコースに出ると目印はありませんので、普段の練習場での目標の取り方から意識的に、少し斜めのほうに真っ直ぐ打つように目標を取って打つ練習をしましょう。

というのも、自分の顔のある位置と実際のボールを打つ位置は離れていますよね?

そのため、自分の顔の位置の目線で考えると、どうしても打ち出しが右よりなってしまうことが多いのです。(目標よりも右を向いてしまうことが多い)

これは、自分の感覚を鍛えておかないと、コースに出た時に、途端に対応できなくなってしまいます。

 

アドレスの取り方としては、まずは自分のなかで真っ直ぐと思った状態でアドレスしてみて、ボールを打ってみましょう。

真っ直ぐ行っていれば、アドレスの取り方は間違いないということになりますが、ずれているようなら目標のとり方を見直す必要があります。

目標より右に出ているようであれば、今までよりも少し左目を狙えばそれで真っ直ぐですね。

また、逆に目標より左に出ているのであれば、今までより少し右目を狙えばそれで真っ直ぐになると思います。

ここは各個人の感覚による部分が大きいので、しっかり合わせられるようにしましょう。

スティックなどの棒を使って肩、腰、足の向きをチェックしてみるのもいいですね。

基本的に、この3つのラインは、平行になっている必要があります。

どれかひとつでも他とズレがあようだと、ミスショットにつながる確立が高くなりますので、あわせるようにしましょうね。

基本は目標に対して真っ直ぐ並行にあわせます。

慣れてきて、目標に対して真っ直ぐに打てるようになったら、肩と腰のラインは、目標に対して真っ直ぐにしたままで、足のラインだけを少し右目に取るようにする(アドレスしたら右足を少し手前に引く)とドローボールが打ちやすいアドレスとなります。

次に、肩と腰のラインは、目標に対して真っ直ぐにしたままで、足のラインだけを少し左目に取るようにする(アドレスしたら右足を少しボール側に出す)とフェードボールが打ちやすいアドレスとなります。

上記2つは、あくまで応用編なので、基本は肩、腰、足のラインを3つとも平行にしておくことをおススメします。

 

2017年12月22日
» 続きを読む