本文へスキップ

ゴルフ スコア100

ゴルフ スコア100まで

脱!初心者を目指す方・100切りを目指す方・シングル入りを目指す方へ。ゴルフ上達に必要な練習法・基本的ルール・知識を紹介

当サイトでは、管理人の実体験を織り交ぜながら、初心者ゴルファーから中・上級者になるまで、ゴルフ上達の近道になる情報を紹介していきます。また、はじめてのラウンドデビューまでに知っておきたい最低限のルール・マナーなどこれからゴルフを始める方や、上達を目指す、すべての方に役立つ情報を紹介していきます

スポンサードリンク





あなたは5ラウンドほどでライバルに差をつけられる方法があるとしたらどうしますか?
詳しくはこちらで⇒ 7日間シングルプログラム

イメージ01

ルール(ティーグラウンド)

ティーグランド上でのルールです。初めのうちは知らなかったという事でも大丈夫ですが、だんだんレベルアップするにつれてルールもおぼえていきましょう。

イメージ02

ルール(スルーザグリーン)

ゴルフのほとんどがこのスルーザグリーンでのルールです。少しずつ、そして確実におぼえていきましょう

イメージ02

ルール(ウォーターハザード)

初心者のうちはよくお世話になる
ハザードです。もちろん、中・上級者になってもお世話になりますよ。

イメージ03

ルール(バンカー)

初心者から中級者・上級者もお世話になるハザード。
バンカーは得意と言えると同時に
ルールもおぼえておきましょう。

イメージ04

ルール(グリーン)

以外と知らないと困るルールがありますので、初心者と言えどパッティングのラインは踏まないなど、
最低限の事は頭に入れてから
ラウンドデビューしましょうね。

スコアアップのカギスコアアップのカギ

スコア120〜100前後まで
まずは、スコア108を目指す


 
 
 このレベルになると、ドライバーもそこそこ打てるがスライスしたり、
 フックしたりと球筋が安定しない状態だったりすると思います。

 ここでは、自分の中で一番の得意クラブを作りましょう。できればアイアン
 がいいですね。

 7Iが得意というのであれば、徹底的に7Iでのショットを磨きます。
 7Iでのトラブルショット、グリーン周りの転がしでの寄せなどまで
 できるようになれば文句なしです。

 練習場では、まずは、ターゲットを決めてそこに向かって真っすぐ打てる
 ように練習しましょう。

 右や左を向いても、狙ったターゲットに打てるように練習するといいです。

 また、一打ずつ打席を外し、プレショットルーティーンというものを作って
 いくことも大事です。

 アドレスに入る前に必ず飛球線後方からターゲットを確認する。
 素振りを2回ほどしてからボールを打つなど、自分流のプレショット
 ルーティーンを確立させましょう。

 また、ドライバーやFWなども積極的に練習するようにします。

 目安としては、得意クラブが真っすぐ打てる調子のよい日には、
 どんどん練習した方がいいでしょう。

 同時に、アプローチの練習も多くするようにします。

 また、パターの練習も少しずつでもやるといいです。

 この時点で気がついている人もいるかもしれませんが、実はゴルフの
 スコアの4割はパッティングによるものなのです。

 という事は、ドライバーがどれだけまっすぐ飛んでもパッティングが
 ボロボロでは、スコアは伸びないということになります。

 これからのために是非、パッティングの重要性を覚えておいてくださいね。


スポンサードリンク

スコアアップのカギスコアアップのカギ

まずはスコア108を目指す

次は100切りとスコアの安定を目指す

80台のスコアで安定するために

シングル入りを目指すために


                        スポンサードリンク